在宅看護支援センターの保健師求人

在宅看護支援センターの保健師求人

保健師が活躍する職場は非常に多くあり、特に高齢化社会の今は介護業界での従事も多く求められています。介護にもいろいろな形があり、高齢者ご自身はもちろん家族の方の希望も重視されるようになっています。

 

その介護施設の1つに在宅介護支援センターがあり、ここでも保健師の方が数多く活躍しています。求人はあまり多くありませんが、求人数の多い看護師・保健師向けの転職支援サイトなどでこうしたところの求人を見ることができます。お住まいの地域によっては、求人が一般に公開されていることもありますよ。

 

在宅介護支援センターは、いろいろな保健福祉制度を高齢者やそのご家族に案内することなどを業務としています。サービス利用者に対して接するだけでなく、介護サービスを実施する期間との連絡調整係も務めますので、業務内容はかなり幅広いといえます。高齢者の状態に合わせて様々な形の介護申請・認定なども行っていく仕事であり、今後もこの仕事は多くの方に必要とされることでしょう。

 

他、支援内容がもっと踏み込んだものになることもあります。安否が必要となる一人暮らしの高齢者への訪問、介護について知識・技術を得たい方への指導なども、在宅介護支援センターの重要な役割です。
単なる相談員という立場ではなく、かなり積極的に介護に関わる立場だと思っていただければと思います。

 

ここで働く保健師の方は、したがって「看護」よりも「介護」について詳しいことが求められます。
社会福祉士などの資格を持っていれば、非常に役立つでしょう。介護制度について詳しく勉強していく必要があるため、保健師としての知識だけではなかなか仕事をこなせません。申請手続きの代行やサービス内容の詳しい説明、各施設との連携も業務の中で必要とされるためです。高齢者や高齢者の家族の話をよく聞く能力も求められるため、病院などでの体験は確実に生きてくるはずです。

 

この在宅介護支援センターは多くの場合自治体の委託を受ける形で民間の団体が運営しているため、公的機関ではありますが公務員待遇とはならないでしょう。
社団法人などがこの業務を行っていることが多いため、多くの場合は団体職員となります。公務員や医療機関と比べると、給与面などはそれほど多くないといえるでしょう。

 

この在宅介護支援センターでのお仕事は、やはり地域の社会福祉に貢献できるというところが一番のやりがいになります。生まれ育った地域にUターン・Iターンという形で貢献するということも可能です。

保健師求人サイト人気ランキング