特別養護老人ホームの保健師求人

特別養護老人ホームの保健師求人

保健師の働き場所にも行政保健師・産業(企業)保健師・学校保健師といろいろなところがあり、中には「保健師」の経験を別の業務に生かしている方もいます。特に最近は高齢化がますます進行していますから、介護の分野での働き手が強く求められています。保健師の方も介護業界で多く活躍していて、例えば特別養護老人ホームで働いている方がいらっしゃいます。

 

老人ホームは病院ではないため、頻繁に病状の変化が起こり日々往診などをしなければいけないことはありません。しかしやはり、病気の抵抗力が弱まっていてちょっとしたことでケガをしてしまうことも多いです。病気やけがの予防の他、いざという時は看護師としての役割も老人ホーム勤務の保健師には求められます。特別養護老人ホームのこうした職種については、看護師の方同様転職支援サイトで多くの求人が寄せられています。

 

老人ホームで勤務する際に保健師の方が求められることには、病気やけがの手当て以外にも多くのことがあります。
例えば、高齢者の方のメンタルケアも大切な役割となります。家族から離れて暮らす高齢者の中には、非常に孤独感を感じている方も多くいらっしゃいます。精神状態も健康に大きな影響を与えますから、高齢者の話し相手としての役割もスタッフには求められています。

 

また、抵抗力が弱いお年寄りを病気の集団感染などから守るための衛生対策などを担う役割も持っています。ちょっとした風邪でも高齢者にとってはたいへんな病気となりかねませんし、インフルエンザなどは命にかかわることもあります。

 

老人ホーム勤務の場合、休日は多くの場合カレンダー通りとはいかないでしょう。また、病院に比べると給料・各種手当なども低めに設定されることが多いです。保健師・看護師として入るスタッフはごく一部なので、なかなか休むことも難しいかもしれません。その代わり、介護スタッフ・ヘルパーとは異なる特別な立場として介護の現場に携われるというやりがいもあります。

 

老人ホームへの転職には、やはり看護の経験や介護福祉士といった資格があると有利になります。若い方でも老人ホームに転職される方はいらっしゃいますが、経験を積んでいる方が中心となるでしょう。

 

まずは非常勤などでその施設に入った後、改めて正規職員という形をとるケースもあります。どうすれば老人ホームへの転職がうまくいくかについては、専門のキャリアコンサルタントの方などに相談されることをおすすめします。

保健師求人サイト人気ランキング