保健師の勤務時間

保健師の勤務時間

保健師の勤務場所がさまざまあるように、その勤務場所によって働く時間帯というものも変わります。保健師の働く時間を場所別に見てみましょう。

まずは、最も保健師が多く勤めているといわれている行政機関。都道府県のものから市区町村のものまで規模は異なりますが、概ね8時〜17時までの勤務になっています。これは行政に勤める保健師が公務員であるから、というのも理由のひとつです。勤務日は平日、カレンダーどおりに休みがあるというのが特徴です。これとほぼ同じ時間帯での勤務となるのが、学校保健師や産業保健師です。ほとんどが会社や学校の定時という形になりますので、大体この時間帯に沿っての勤務になります。8時〜17時のほかに9時〜18時という勤務時間帯もあります。ただし、この3つどれにもいえることですが、もちろん忙しい部署であったり、何か緊急の自体がおこれば残業などにもなります。とはいえ、その時間はそこまで長くはならないようです。

その一方、非常に不規則な勤務時間となるのが病院や介護施設といった医療施設などに勤務している保健師です。病院に勤める保健師の場合、看護師不足によって看護のサポートに回ることもありますし、病棟勤務になって夜勤が入ることもあるようです。さらに、老人ホームなどの介護施設の場合は、入所者のケアはもちろんのこと、高齢者が多くなる施設では医療に携われるスタッフがどうしても限られてしまうため、保健師の役割というのは大きなものになり、夜間の勤務と日中の勤務とか発生しやすくなります。どちらの場合も昼夜を問わず患者や入所者にケアが必要ということからこの変則的な時間の勤務が生まれるのだと考えられます。

また最近では、イベントの救護係や旅行などに付き添うアテンドナースという働き方も出てきているようです。どちらの場合も短期集中型の働き方であり、その勤務時間は読むことができません。イベントの場合は朝から晩までというのもあるでしょうし、アテンドナースの場合は宿泊を伴う旅行であることもあるため、拘束時間が長くなりやすいものです。しかし、ハードな仕事をしたあとにしっかりと休みを取れるというのもこの働き方の特徴です。

どの働き方がいいか、それは自分のライフスタイルなどによって決定すべきものです。一概にどの勤務時間がいい、というものはありません。自分の思う働き方をすることを前提に勤務時間を考えていくのが一番よいのではないでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング