保健師と看護師の違い

保健師と看護師の違い

看護師と保健師。一見、非常に似ているように見えるこの2つの職業ですが、実は全く違うものなのです。まず、役割が違います。看護師は「病気が治るようにする人」、保健師は「病気にならないようにする人」のことを指しています。根本からその役割が違うということがわかると思います。では、他にどのような違いがあるのか見てみましょう。

ひとつめは資格の違い。 保健師は国家資格のひとつであり、これは看護師の国家資格に合格し一定の保健師養成課程を終えて初めて受けることができる資格試験になっています。看護師は看護資格をもっていれば勤めることができます。しかし、保健指導をするのであれば保健師の資格が必要になることが多くあります。ただし、例外もあり、看護師の方が患者さんに対し、健康指導を行うなどの行為は保健師の資格がなくても可能となっています。

次に働く場所の違い。看護師はほとんどの場合、病院などの医療機関で働くことになります。その他、福祉関係でも最近は看護資格を持っている人の需要が高まりつつあり、募集が出ていることも多くあります。一方の保健師は、病院で働くことはほとんどないといえます。ほとんどは役所や保健所、保健センターなどの行政機関や、一般企業、学校が主な就職先となります。保健師は地域の住民、労働者、学生の健康管理などが主な仕事が主な仕事となり、学校に勤める場合は養護教諭となりますから、時には怪我や急病の応急処置という看護師の面もある仕事が出てくることもあります。企業に勤める場合は、従業員の健康状況などの書類作成、事務的な仕事といった「一般社員」のような仕事も出てくる可能性があります。

看護師、保健師ともに健康維持には欠かせない存在であります。しかしその中でも保健師は、保健指導、健康相談などより地域に近い場所で医療に貢献することができる仕事であるといえるでしょう。また、保健師には看護師の知識とプラスアルファが必要とされることが多いものです。コミュニケーション能力もそのプラスアルファのひとつです。健康教室などを開くこともある保健師にはこの能力はなくてはならないものです。これから病気にならないために、指導するにはその人の現状などをしっかりと聞く必要が出てくることもあります。交流の中から生まれるものもありますから、そうした面も十分に養っていく必要があるといえるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング