学校保健師の保健師求人

学校保健師の保健師求人

学校保健師、保健室の先生は保健師免許の他、養護教諭2種免許が必要なため希望すれば誰にでもなれるものではありません。
また、当然ですが小学校から高校までの学校保健師に転職するためには各自治体の教員採用試験に合格しなければなりません。保健師の資格を持っているだけでは、なかなか道のりは長いというのが現実です。

 

学校保健師を目指している方は、転職コンサルタントサービスを利用してキャリアプランニングをするという手もあります。キャリアプランの形成についてアドバイスを受けられ、そのステップに生かせる職場の紹介なども受けられます。養護教諭とは違いますが、大学・短大・各種専門学校の学校保健師として働くこともできます。

 

こちらは養護教諭の資格が必要ないため、保健師の資格を持っている方なら転職可能です。学校保健師に転職するのに役立つ資格・職歴などについてもコンサルタントの方がアドバイスをしてくれるでしょう。

 

養護教諭として働く場合、学校保健師の仕事は怪我や病気の応急処置だけではありません。
生徒への保健指導も業務となり、時には生徒たちの前で衛生指導(例えば、歯の磨き方など)を行うことになります。

 

保健室からの保護者向けプリントを作成するという仕事もあります。ただし保健の授業については、免許をもった保健体育の先生(小学校ならば担任の先生)が行うので毎週授業をするということはありません。もちろん授業の中で、学校側から頼まれて授業の一部を代行するという可能性はあります。養護教諭でなくとも、保健室に訪れた生徒へ指導を行う場面はあるでしょう。

 

もう1つ、学校保健師の方の大切な仕事としては生徒のメンタルケアがあります。
近年は学校に心理カウンセラーのようなメンタルケアの専門家をおいているところも多いですが、いまだに保健室は生徒にとって重要なメンタルケアの場として機能しています。

 

そのため、こうした分野についての資格・職歴があると転職に有利に働くでしょう。これはたいへんな仕事になりますが、一方でやりがいにもつながっているようです。昔保健室で先生に悩みを聞いてもらったというような経験をしている方にとっては、こういった仕事は非常にモチベーションアップにつながります。

 

養護教諭として働く場合には、公務員という待遇で働くことになります。私立の専門学校などで働く場合には、その法人の団体職員という立場になるでしょう。給与や休日・勤務時間などは当然各学校の事情に合わせて左右されることになります。

保健師求人サイト人気ランキング