CRC(治験コーディネーター)の保健師求人

CRC(治験コーディネーター)の保健師求人

治験コーディネーターというのは薬剤師が多いイメージが多いと思います。 薬剤師の資格を持つ人の長いには保健師がいますが、保健師も治験コーディネーターとして活躍していくことも可能になっています。 治験コーディネーターはCRC などと呼ばれることがありますが、治験に参加してくれるモニターの中には治験を行っている最中に体調を壊してしまう人もいますし、治験に対してとても大きな不安を抱えてる人もいます。

特に初めてモニターとして参加する人の場合には治験に対する不安も大きいので、治験コーディネーターに様々な質問をぶつけてきたりもします。 こうした時に薬剤師というのは本当に細かな部分まで答えてあげることができなかったりするのですが、保健師がCRCとして活躍していればモニターの立場に立ち、細かな部分までしっかりと説明をしてあげることが可能になります。 また万が一治験を行っている中で体調を壊してしまったようなモニターがいれば保健師がすぐに対処することが可能だと思います。

CRCとして活躍していく人の中にも薬剤師の資格を持っている人や、保健師の資格を持っている人がいると思いますが、特に保健師の資格を持っている場合であれば、様々なことに対応することが可能なので、ニーズが高いといえます。 実際に保健師の求人サイトを見ているとCRCの求人が沢山あるし、反対に薬剤師の求人サイトを見ていても、保健師の資格を持っているCRC の募集などもあります。 それだけ保健師というのは治験コーディネーターとして活躍していける実力があり、必要とされているということになりますので、沢山の治験モニターの力になりたいと考えているのであれば、CRC として働いていくことをお勧めします。

CRC として働いていくには必要に応じて夜勤があったりすることもありますが、その分収入も良くしっかりとしたお給料をもらうことが可能だと思います。 また医師や看護師との連携もはかっていきますから、とても信頼される立場にありますし、治験コーディネーターというのは近年常に発達をしている医療の現場において、本当に必要な存在となりますから今後の需要もどんどん高くなっていく一方だといわれています。

現在ではCRCが不足している状態が続いてますが、働く条件の良い今の段階でCRCとして働いておけば、キャリアアップしていくにも早い段階で夢を叶えることが可能になると思います。 需要が高い今のうちに働けばその分収入も良いですし、自分の希望が通りやすい状態となっています。

保健師求人サイト人気ランキング