保健師求人の勤務先別の分類

保険師の転職エージェントはこんなに心強い!

《保健師求人を探す前に》※保健師求人サイトランキングへのご訪問ありがとうございます。終身雇用制度が崩れて久しく、労働者がより自分らしく働ける環境を望む傾向が強まってきているのは必然といえます。労働者が企業を選ぶ時代に入っているとも言えるかもしれません。

 

転職エージェントを利用すれば、自分の希望条件をエージェントが企業と交渉するという流れになりますので、従来までの一個人対企業という数的不利が改善され、より理想の転職を実現する転職者が増えています。転職エージェントは転職者と企業にとって無くてはならない存在になりつつあります。

保健師求人サイト人気ランキング

保健師求人探しのポイント

保健師の仕事のひとつに「産業保健師」というものがあります。これは企業に属し、その企業内の健康管理や、健康増進に当たる仕事です。保健師になった方の中で最終的にここを目指している人もいるかと思います。

 

さて、保健師の多くが選ぶ産業保健師、意外にも大変な仕事だということはみなさんご存知でしょうか?ひとつの会社に一人の保健師というのはザラにある話です。

 

これが、社員数十人程度の小さな会社ならいいですが、もしも数百人、はては千人を超えるような大きな会社だったら?その社員すべての健康管理となったら物凄い重労働ですね。「この会社は私には合ってない…」そう感じることもあると思います。そうなると出てくる選択肢が「転職」です。

 

産業保健師の仕事はたくさんあります。しかしその多くが非公開求人といって、普通の転職情報誌などには掲載されていない求人情報です。そうした求人情報を得る方法が転職支援サービスを利用する方法です。保健師に特化した転職支援サービスを利用すれば、非公開求人を紹介してもらえることはもちろん、専門のエージェントやコンサルタントが自分にあった仕事を紹介してくれますから、それまでの経験なども生かした仕事に就ける可能性が高くなります。

 

そして転職する際に重要になるのが履歴書と職務経歴書です。履歴書などはアルバイトなどでもお世話になったことがあるでしょうから、みなさん書き方を知っているかと思いますが、意外と知られていないのが職務経歴書の書き方です。最近はインターネット上に職務経歴書の書き方などが載っているサイトがありますが、それを見てもなかなか理解できないということも多いと思います。まして、転職するのが初めてという人には高いハードルになることだってあります。

 

そもそも職務経歴書とは何かと言うと、今まで自分がどのような企業や場所で働いてきたのか、それをそのまま記すものです。履歴書に書くのは勤めた会社の名前だけですが、職務経歴書には詳細にどのような仕事をしてきたのかということを書くことになります。簡単そうに見えますが、実はこれ結構コツがいるんです。自分のキャリアを客観的に見て書く必要があるため、若い人はこの職務経歴書を避けたいと思う傾向もあるようです。

 

そんなとき転職支援サービスを利用すれば、キャリアが浅くても、企業から見たときにプラスになるような職務経歴書の書き方を教えてくれますから、最初の印象をかなりよくすることができます。こうしたサービスを有効に活用して、転職に役立てたいものですね。



保健師求人の勤務先別の分類

保健師の方が資格を生かして活躍できる場所は非常に様々あり、勤務先によって仕事内容や待遇も大幅に変わってきます。
大きく分けると行政保健師、学校保健師、企業保健師の3種類に分類できますが、この大きな分類の中でも勤め先の規模などで仕事内容は異なります。

 

行政保健師では、市町村の保健センターで勤める場合と保健所で勤める場合に2分されるでしょう。学校保健師でも、小学校などで養護教諭として働くか大学・専門学校の学校保健師となるかでかなり変わってきます。企業保健師は、企業の規模や職種で待遇が大きく変わってくるのが特徴です。

 

給料面だけについていえば、やはり上場企業で働くのが一番高くなることが多いでしょう。ついで、病院や公的機関での勤務が高くなります。介護業界などは全体的にあまり賃金が高くないため、賃金上昇はそれほど大きくないでしょう。

 

ただ、ひとえに企業保健師が誰にでもおすすめというわけではありません。特に大手の場合、非常に多数の社員の健康管理を少人数の保健師が一手に引き受けることになります。保健師以外にも社員の健康管理に携わる社員はいますが、具体的な健康相談などはほとんどが保健師の役目となります。近年問題になっているメンタルケアなどにも取り組む必要があるため、決して楽な仕事ではないでしょう。

 

やはり大切なのは「やりがい」、そしてもう1つは希望するライフスタイルとの両立になるでしょう。学校保健師や行政保健師は、やはり地域における大切な役割を果たせるということが一番の志望理由となります。高齢化社会世界ナンバーワンの日本では、老人福祉に従事する方は保健師以外でも広く望まれている状況です。こうした中で力をふるえるというのは、非常に大きな魅力だという方もいらっしゃいます。

 

同じ保健師募集でもここまで大きく仕事内容が異なりますから、職場を移る時にはしっかり転職エージェントを利用することが大切です。勤務条件や仕事内容はなかなか自分一人で下調べをすることが難しいもので、賃金交渉などもなかなかエージェントの力なくしてはなしえません。転職支援サイトではエージェントの力を無料で借りることができますので、これを利用しない手はないでしょう。

 

転職サイトは、別に今すぐ転職したいという方だけのものではありません。将来のキャリアプランをじっくり練りたいという方にとっても、転職支援サイトは助けを差し伸べてくれます。情報収集のツールとしても、転職サイトをご利用いただけます。



(※) [運営者より]
現在、保健師は不足してると言われるように様々なところで保健師が必要 とされています。いま保健師をしていらっしゃる方でも、「今とは違う場所で働きた い」「もっと給与面の良い職場へ移りたい」等、様々な理由で転職を考えている方 もいるのではないでしょうか。

転職の方法はさまざまですが、 人気のエージェントに依頼し保健師の求人募集を見つけるというのが効率がいい ように思います。エージェントに依頼するメリットとしては、単に求人を探せるとい うだけでなく履歴書の書き方や面接日の調整などを、自分が仕事を続けている状態で も行なってくれることがあります。 自分の人生の中で小さくない動きを起こすわけですから、なるべくベストなものとし たいですね。是非頑張って下さい。